http://patapatamamapotepote.blog.fc2.com/
admin
 

piyopiyo

プロフィール

PIYOPIYOかぁちゃん

Author:PIYOPIYOかぁちゃん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
おはようございます。
めっちゃご無沙汰してしまいました。



ブログ・・・なかなか更新出来ずにいました・・・


書くか書かないか・・・迷って迷って・・・


書きかけては削除 書きかけては削除・・・
何度繰り返したか・・・


でも書かないと前へ進めないのか。


こんな話ブログで?とも思ったけど・・・
長い間ブログ放置してしまったし・・・
性格上やっぱり書く事にしました。









今日は多肉の話でもサボの話でもなく かぁちゃんのお話しになってしまうので
イヤな方は今回はスルーして頂いて また次回お越し下さいね。


















何度も何度も長い文章になっては消して・・・
もう 何回書きかけて止めたのか思い出せない・・・









どこから話せばいいのか・・・
きっと変な文章になるだろうけど ごめんなさい。










前回のブログの更新ボタンを押したと同時に・・・
携帯電話が鳴りました。




かぁちゃんの実父は難病で入院していました。
寝たきりでした。
難病が原因ではなく 最初に入院した病院のミスだと今でも思っています。


かぁちゃんの実母は25年前に心臓の病気で亡くなりました。
とても仲の良い温和な両親で 母が亡くなった後の父の落ち込みようは
かなりのもので ちゃんと立ち直るまで10年ぐらいかかりました。


父が45歳の時に母が亡くなり 私たち兄弟姉妹をずっと育ててくれた父。
65歳で定年を迎え 嘱託で働き始めてたその3ヶ月後 なんだか体調が悪いと病院へ行きました。
その時は次女が生まれて少しした頃で 一緒に病院へは付いて行けず
『なんとかって言う難病で 薬さえ飲んでたら今まで通りお酒もタバコもいいらしい』
薬さえ飲んでいたら普段通りに出来ると聞いて そんなに深く考えずに過ごしていました。


仕事も辞め毎日のように次女とお散歩へ行って大好きなお酒も飲んで
しばらくは元気でした。
数年たったある日・・・動けなくなり 立ったと同時に気を失って救急車で掛かりつけ医へ・・・
とりあえず様子を見るために入院になりました。



『痛がってるのでまた調べてもらえませんか?』
『レントゲンに異常がないのでぎっくり腰だと思います。』
このやり取りばかりで1か月・・・
整形の先生にお話しを聞きたいんですけど・・・
って言って やっとMRI検査してもらえて圧迫骨折が判明。
治り掛けた頃にやっとコルセット・・・




治ったら退院できるね~って言いながら更に1か月。
その時に また少し体調が悪くなって・・・


今まで診断されていた難病とは違う 日本でも130数例しか居ない難病だと
診断されました。






聞き覚えのない病名・・・
ネットで調べました。





この難病は10年生きれた人は居ない 予後はかなり悪いと・・・







ショックでした。
毎日泣きました。
朝起きて 皆が出かけてから 洗濯中も お皿を洗っている時も
お風呂の中でも お布団に入ってからも・・・
毎日毎日泣きました。



でもまだ元気で居てくれていた時だったので 毎日病院へ行っては色んな話をして
早く退院して また孫と公園に行くのを楽しみにしていた父を励ましていました。








そんな時・・・また違う病魔が・・・
毎日行っていると少し様子が違うと気づくもので『様子がおかしい』と何度か看護師さんに
お話していましたが『また見ておきます』ばかりでなかなか・・・
頭を痛がる眼球も痛い 吐き気がするご飯をポロポロこぼす・・・
どうも遠近感もないような気がする・・・



入院でお世話になっているのでキツクも言えず・・・
検査をお願いしてから2か月も放置・・・
その間も何度も看護師さんに頼んでお願いして それでもこちらの気持ちは伝わらず・・・
『院長先生に診てもらえませんか?』って聞いても
『院長はお忙しいので・・・』こればかり。





その日たまたま親切にしてくれてた看護師さんが2ヶ月ぶりぐらいに担当してもらえた夜勤で
様子がおかしい事と頼んでも診てもらえてない話をして 一緒に父の様子を見てもらうと
『ん?おかしい・・・左半分が見えてない・・・』
と言われました。


やっと転院2日前に検査。
院長に大至急だと呼び出され さも自分が気づいたように自信満々意気揚々に検査結果を告知されました。




詳しくは書けませんが この事が原因で寝たきりになってしまいました。
先生は『家族が見つけたのは不幸中の幸いでしたね』
って 先ほどのご機嫌感は失せた感じで言われました。



この時に緊急手術にしてもらえなくて更に悪化して意識障害に・・・
毎日毎日高熱が続く・・・


この後も何度かの手術をして 一時は良くなって 3回目の手術の後には
また話せるように。
良かったね。
リハビリ頑張って退院しようねって話が出来たのは3日だけ・・・


もっと悪くなって・・・
これも院長のカンが外れた的な事を言われ 更に応急的な手術。
この時の事が原因。
完全な判断ミス。



妹は『お姉ちゃんが言うた時に調べてくれてたらこんなになってませんよね?』
って言いましたが『そうですね。でも命があっただけラッキーですよ』って言われました。






・・・・・。


ラッキーなのか?
自分の意思では指1本動かせない寝たきりで?
人と話す事が大好きで 孫と遊ぶのも大好きで 食べる事も好き
お酒も好き タバコも好き その全部を取り上げられて??
生きるために点滴だけが頼りで 意思疎通も出来ず でも意識だけはハッキリしている・・・

 


こんな先生が院長をしてる病院・・・この辺りでは大きい方のこの病院・・・
いつもお世話になっている看護助手さんが
『ものすごく優しいし楽しいお父さんやのに可哀想で・・・』
って涙を流してくれた・・・ありがとう。








悲しくて悲しくて・・・






毎日天井を見つめて過ごす父・・・
私に出来る事なんてほぼ無く・・・


せめて・・・と・・・
リハビリを兼ねたマッサージ 顔を拭く歯を磨く爪を切る・・・
こんな事しか出来ませんでした。




次女は一緒に行ってマッサージするわ~って付いてきて
『ジイジ気持ちいい?』って聞いていました。
体調がいい時は 少しだけ小さく小さくうなずけるので その時は次女も喜んで
もう少しするね~って張り切っていました。







昨年の春に転院した病院では何回も肺炎になりました。
新しくキレイな病院で看護師さんも介護士さんも皆が若い。
歯を磨く時に歯ブラシは水けを拭きとる!
これを徹底していない病院だったからだと思うのです。


一度副師長さんにお願いしてみましたが 
『一人一人を管理出来ないので見つけた時は直接注意してみて下さい』
って言われ・・・
お願いしても忙しいだろうし担当は毎日変わるシフトだし・・・
お世話になっている患者の家族と言うのは その程度の事でも言いにくく・・・







秋に少し体調が気になって その病院では画像診断出来る医師が居ないため
『CTを撮ってもらえませんか?それを持って前の病院で診てもらいます』
って副院長に言いました。 
『ご家族の気持ちはわかりますが もうそろそろ年ですし
家族もそれなりの覚悟は決めていいんじゃないですか?』
って言われました。





覚悟を決める?
そんな事が出来る家族っているん??
もう年って・・・
そんな年でもないと思うけど?
その副院長と変わらんと思う・・・






あの月曜日・・・
担当医師が不在だったので火曜日に担当医師にお願いしに行く事になっていました。


電話が鳴って10分後に次女の幼稚園バスが付くので お迎えに行って
制服を着替えさす時間も惜しんで 運動会の代休だった長女に頼んで病院へ走りました。




病院に着いた時の父は前日と変わりなく目もパチパチと開けれていたし
もの凄くホッとしました。


ただ 病院の説明では『小さい肺炎がいくつかあります』との事でした。
『会わせたい人が居るなら早めに会わせてあげて下さいね』
え??
そんなに悪い??
そんな風に見えないし これぐらいの肺炎は何度も乗り越えてくれた。






この何週間も前から病院で疥癬の院内感染があって子供は出入り禁止だったけど
疥癬にかかる前 次女が病室を出る時いつものように
『ジイジ!バイバイ!また来るね』って顔の横で声を掛けた。
その時・・・自分の意思では指1本動かせないはずの父が手を上げて次女の手に触れた。
ビックリして ジイジがバイバイって言ってるよ!
って言うと 次女が手を握ってバイバイした。


そのことを思い出すと 娘としては悲しい気持ちが沸き起こる。
何か予感がして最後の力を振り絞って一番可愛がっていた孫に何か告げたかったのか・・・
悲しくて思い出して涙が出ます。










あの日ずっとそばで座ってた。
珍しく時々声を出しながら大きく息を吐いたりしていたけど 
変わらず目は開いてパチパチしてる。
『苦しい?大丈夫?』何回も聞くけど いつもより少し反応は鈍かった。
でもジ~ってこちらは見る。
呼吸がラクになるさすり方を聞いて実践もしてみた。
そして いつものようにアレコレとたわいない話を勝手に話し続けていた。


夜の9時 消灯時間になって『今日は泊まりますか?』って聞かれた。
凄く凄く悩んだけど ほったらかしにしていた子供たちから『お腹が空いた』
って何度か電話が入っていたので 
『今日は帰って明日の朝一から来させてもらっていいですか?』
って聞いた。
いつも面会時間は午後1時からだったから。


『本当に泊まらなくていいですか?』
ってもう1度聞かれた。


ちょっと揺らいだけど晩御飯も食べさせないといけないし
今までも回復してくれたし今回も大丈夫って信じています。
と伝えて帰ってしまった。








夜中の1時過ぎに『血圧が低下してますので朝まで持つかどうか・・・』
って電話が入った。
不思議な事に体は寝ていても脳は寝てなかったのかワンコールで出た。


すぐに用意をして旦那さんに声を掛けて病院に向かった。
休めない仕事なので義家に迎えに来てもらって休ませようって話になっていたけど・・・








病院に着いたら病室には誰もいなくて 心電図の機械が『0』になっていた。
機械が外れてるのかズレているのか・・・壊れてる??


『父ちゃん?父ちゃん??』何度も声を掛けてみたけど反応もなく目も開けない。
胸をさすってみると心電図が反応して数字があがっていくのを
また息をしてくれてるのかと期待をしてさすり続ける。


でも さするのを止めると数字も0に戻る・・・
それを何度も何度も繰り返していた。



父ちゃん・・・
涙がいっぱい出て止まらなくなった時に看護師さんがきた。
私を見てその男性の看護師さんの目から大粒の涙がポロポロこぼれた。
『安らかな最後でした』









最後に居れなかった。
見ててあげられなかった。
誰も居ないところで心細かっただろうし
ありがとうって言いたかったし
つらかったよね
がんばったよね
とも言えなかった。


その後悔が今でもずっと続いてて まだまだ悲しくて・・・









それからは怒涛のように忙しく 人が亡くなるっていうのは 
こんなにも大変な事なんだと・・・


忙しかったから何とか持ちこたえたのか
家族の世話があるから持ちこたえたのか・・・





感謝の気持ちが伝えられなかった事や
疥癬でリハビリのマッサージが出来ていなかった事・・・
いっぱいの後悔で まだまだ夜お布団に入ると涙が出ます。



人に話す時も こうやって文書にする時も『淡々と。』
そうしないと涙が止まらなくなる。









まだ少し用事が残っていますので少しづつ立ち直りながら
諸手続きを終わらせたいと思っています。











語りたいけど語れない事。
たくさんの細かい後悔。
この度の事も含めての兄弟姉妹の事。


そしてお世話になった方々への感謝やお礼。
まだまだですが いつかまた・・・









頂いていた年賀状に 寒中お見舞いも出せたので
ここで一度この事をブログに載せてみる決心がつきました。


ごめんなさい。







長々とすみません
読んで不快な方がいらっしゃったらごめんなさい。


また元気なブログが書けるよう頑張ります。
今週は残念ながら学校と幼稚園とお稽古の用事が多い為
ブログを書ける時間があるかわかりませんが ぼちぼちマイペースで?
更新が出来たらなぁ~って考えてますので よろしくです。







新年のご挨拶は控えさせて頂きたくこんな時期になりましたが・・・
こんな?かぁちゃんですが今年もよろしくお願い致します。


ありがとうございました。
感謝。




スポンサーサイト
 
Category: 未分類
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(6) 
 
Comment
 

復活したな!

本当にお疲れ様でした。

かぁちゃんが毎日、毎日お父さんの病院に行ってる事を知ってたからね。
お父さんは絶対に喜んでたし、感謝してると思うよ。

最後を看取れなかったのも、お父さんの優しさかも?

かぁちゃんは、もっとしてあげたかっただろうけど
お父さんは満足してたと思う。

かぁちゃんには妹さんや弟さんの事も有るから
のんびりしてられないよ。

また、一緒にお出かけしようね。

更新も待ってまぁす。

NAME:ヨーコ | 2014.01.20(月) 12:08 | URL | [Edit]

 

こんにちは〜ヽ(。>▽<。)ノ

かぁちゃん、いろいろと大変だったね…
お疲れ様…

アタシもね、若い時に母を亡くし
その後、いろんな事があって父を亡くし…
親を亡くした悲しみは、よーく解るよ…

病気でもいいから、生きてて欲しかった…
もっと親孝行、もっと優しくしてあげれば良かったと
自分を責めた日もあったよ…

でも、お父様もやっと辛い闘病生活から解放されて
今はお母様と一緒に、穏やかな想いでおられるのでは(u_u)

亡くなった後の事も大変だよね。

かぁちゃん、自分の体だけは大切にしてね♪

うんうん、またヨーコちゃんや棟梁達と
出かけたりお喋りしたり出来るといいね!ヾ(*゚ェ゚*)ノ

ブログものんびりでいいから、続けてね!

NAME:rin しゃん | 2014.01.20(月) 17:12 | URL | [Edit]

 

ヨーコさんへ

コメントありがとうございましたm(_ _)m


> 復活したな!
↑しばらくはノンビリな更新になりそうですが またまたよろしくお願いしますですe-456

> 本当にお疲れ様でした。
↑ありがとです。色々とありました↓
 ヨーコさんは全部知ってもらってるから 私のグチをたくさん聞いてもらって・・・
 なんだかごめんなさいm(_ _)m

> また、一緒にお出かけしようね。
↑ぜひ!ぜひ!!めちゃめちゃ楽しみ♪
 今度は多肉ショップ?雑貨屋?美味しい物を食べ歩き??
 
> 更新も待ってまぁす。
↑ギクッe-263は・・・はい。
 頑張りますe-452

NAME:PIYOPIYOかぁちゃん | 2014.01.20(月) 17:56 | URL | [Edit]

 

rinしゃんへ

コメントありがとですm(_ _)m

時々訪問して頂いてた事を今日知りましたe-330
ありがとですm(_ _)m

> 病気でもいいから、生きてて欲しかった…
> もっと親孝行、もっと優しくしてあげれば良かったと
> 自分を責めた日もあったよ…
↑そうなんですよね。
 してもしても足らない・・・
 まだ1日だって忘れた日はなく ブログも涙涙でなかなか進まなかったですe-452

> でも、お父様もやっと辛い闘病生活から解放されて
> 今はお母様と一緒に、穏やかな想いでおられるのでは(u_u)
↑意識があるのに寝たきりってかなり辛かったと思います・・・
 まだ次女が小さかったおかげで病院にも付いて来てマッサージして話しかけて・・・
 それだけでも少しは良かった事があったのかな・・・
  
> うんうん、またヨーコちゃんや棟梁達と
> 出かけたりお喋りしたり出来るといいね!ヾ(*゚ェ゚*)ノ
↑はい!
 お二人には凄く凄~く助けてもらいました。
 お二人とのお出かけは かぁちゃんのストレス発散の癒しの場です。

> ブログものんびりでいいから、続けてね!
 ↑あ・・・あい・・・ぎゃんばりますe-263
 更に動きが鈍くなってますので 今年は膝伸ばし走法?で頑張りますねe-454

NAME:PIYOPIYOかぁちゃん | 2014.01.20(月) 18:09 | URL | [Edit]

 

かぁちゃん・・・・・・

そんなに自分を
追い込んだらあかんよ


毎日分刻みの生活の中で
かぁちゃん精一杯やって来たやん!

お父さん嬉しかったと思うよ
絶対嬉しかったと思う!


うちの旦那の父も
大学病院で手術受けたんやけど
失敗してそのまま・・・

旦那が30歳の時で、
ほんま見てられへんかった。

あれから17年
今でも時々泣きながら

『亡くなってからじゃ遅いけど
親父に笑われへん生き様見せ続けるからあっちで安心して見守って欲しいと思ってる』

なんて事言うてます。


かぁちゃん!
何にも出来へんけど、
みんなで応援してるで♪

無理せんと
ありのままのかぁちゃんでおってね

またみんなでデートしよう(*^.^*)




NAME:壇蜜栗 | 2014.01.21(火) 11:50 | URL | [Edit]

 

もう少しかな?壇蜜栗。

コメントありがとですm(_ _)m

> かぁちゃん!
> 何にも出来へんけど、
> みんなで応援してるで♪
↑こんなかぁちゃんと知り合ってくれて誘ってもらえて感謝感謝なのですe-266
 応援の気持ちめっちゃ伝わってるんよe-343

> 無理せんと
> ありのままのかぁちゃんでおってね
↑いつもありのままやで~控えめで人見知り でもグータラe-456

> またみんなでデートしよう(*^.^*)
↑ほんと??やった~e-415
 めっちゃ楽しみe-267
 今度はどこ行く??
 わ~いe-349

NAME:PIYOPIYOかぁちゃん | 2014.01.22(水) 14:18 | URL | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 パタパタかぁちゃんのPiyoPiyo多肉日記, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。